« 準備準備… | トップページ | ホテルのプール »

2005.03.19

1日26時間

DSCF0090-1深夜2時に家を出て、タクシーに乗って佐久インターまで普通のタクシーに乗車。
ちなみに普通のタクシーにこんなに長く乗ったこと無い(本当に料金取ったら数万円?)
佐久インターでジャンボタクシーに乗り換えるが、人数は自分を入れて4人、出発後はすくに寝た。
成田空港到着はいつもよりはちょっと遅めで6時50分頃。
やっぱりというか同乗の4人の中で、第一ターミナルは自分だけである。
前に6時に着いたこともあるが、それだと空港には入ることが出来ても、空港内のお店はどこもやっていないのだ(>_<)
友達Tは当初7時40分に着く予定だったが、成田行きの快速に乗り遅れてNEXで来ることになったので、到着は20分遅れ。
先にチェックインしてもいいのだが、席が離れても面白くないので、マックで時間をつぶそうと考えた。
が、しかし、いつの間にか営業時間は午前8時からになっていやがった(>_<)
仕方なく7時からやっているスタバでシナモンロールとカプチーノグランデを注文して時間つぶし。
DSCF0091-1スタバでお茶してる間に、財布を日本国内で使う大きいものから、国外で使う小さいのに詰め替える。
カードは必要な分だけを小さい方へ入れて、あとは別に管理しておくのだ(海外で一気に無くすと怖いので)。
すると今回日本・香港・タイの交通系のFelicaカードが勢揃い。
同時に通してみたらどうなるか試してみたいっすね。
8時になって友人が現れ、ビジネスクラスカウンターにてチェックイン。
前日の空席調べで、エコノミーが満席に近かったのだが、アップグレードはされなかった。
最近CXはアップグレードについてはかなり渋めの傾向がある感じがするが、まー仕方あるまい。
DSCF0092チェックイン後はさっさと出国手続きをしてラウンジでビール飲んでました。
でもCXの成田ラウンジは、おつまみになりそうなものがなーにもない(>_<)
ビール飲むのはいいんだけど、おつまみがないんじゃ大して飲めないし、せめて機内で出るピーナッツぐらい置いておいてくれるといいのだが…
自分は仕方なく、コーンフレークをおつまみ代わりに食べてました(^_^;)

DSCF0093成田-香港間の機材はB777-300、こいつはCXの中でも古い機材でパソコン用の電源がない。
よって機内では昼食後はTと話す以外は免税品を買うぐらいで特にやることなし。
免税品は来週のプレゼントその3になるものをチョイスした。
これで来週にロミジュリに行くときのバースデープレゼントはそろった\(^o^)/
前回のような特に遅れもなく、飛行は順調に進んで香港到着(^^)v
バッゲージを受け取り、おもむろにスーツケースを開けて、まずリュックの中の荷物(パソコン)をスーツケースに移動。
そして空港の荷物預かりへスーツケースを預ける。
何のためにこんなことをするかといえばアニメDVDをリュックいっぱいに購入するためだ(^^)
DSCF0095DSCF0094最初に香港に来たときから使っているオクトパスカードの残額を確認し、エアポートエクスプレスで空港を出発。
社内は小綺麗で空港から香港の中心地まで20分ほどで行ける。
このあたり同じ国際空港でも成田とは雲泥の差だ。
目的地は香港のオタク文化の中心「信和中心(sino center)」、香港のオタクの殿堂として古くからそびえるビルである。
ここには日本のアニメをパッケージしたDVDが売られている店が軒を連ねているのだ。
空港を出発すること数十分、2回の乗り換えを経て、信和中心に最も近いMTR旺角駅に到着。
自分一人であればまっすぐ信和中心に向かうところであるが、今回は友人Tもいる旅。
しかも時間は十分にあるので、まっすぐ信和中心に向かうのではなく、とりあえず携帯電話屋が多い先達商場に行くことにした。
自分のGSM携帯電話はここで買ったのだが、今期は特に携帯を買うわけではないので、適当に館内を巡回。
ここも2階と3階はなんとも怪しい商品を扱ったお店が多かったりする。
その中で気になったのはなんともすっきりしたデザインのDVDプレイヤーを売っているお店だった。
実は自分は去年の6月にもここでDVDプレイヤーを購入しているのだが、その時とは筐体デザインが一新され、なんともクールなデザインになっていることに感心した。
ただ今すぐ買ってしまうと持って回らないといけないので、とりあえず最後にもう一度寄って検討することにして先達商場を後にした。

DSCF0096いよいよ信和中心に行くわけだが、その前にまず現金の調達。
その手のDVDのお店はカードが使えないので、香港ドルを用意してやる必要がある。
先達商場から信和中心まで歩くと10分もかからないのだが、その間でクレジットカードが使えるCDやATMを探し、そこでキャッシング。
今日は土曜日ということもあって軒並み混雑していたがそれでもなんとか現金を確保し、Let's GO!
まずは本屋さんでフロンティア(台湾発行のアニメ雑誌)を購入、1冊33ドルでTと日本の友人分で3冊でほぼ100ドル。
さらに先月にキャンセルになった台湾行きで買おうとしていた「萌える英単語」の中国語版を発見! 1冊66ドルだったが、これも3冊購入した。
さて本はこのくらいにして、いよいよDVD。
DSCF0099日本で考えていたタイトルと、こちらの店頭でのタイトルを勘案し、メモ帳に購入するモノをリストアップしていく。
今回は前回の訪問からおよそ2ヶ月半分なのでそれほど多くないが、友人Tの方は昔のアニメを買おうとしているようで、自分よりは多くなりそうだ。
店によって多少値段の差があることを考慮しつつ、いろいろとお店を回っていると、聞こえてくる声が…ん? 関西弁!
どうやら我々と同じようにDVDを買いに来たらしい。
ちょっとだけその人たちと話をしたが、なんでも10万円分ぐらい買っていくので安くするべく、値段交渉で安く出来る店を探しているとのこと。
10万円分って…7000ドルくらいか? 自分は友人の頼まれモノと自分のを入れても4000ドル程度しか買ったことがないのだが、7000ドルも買ったらスーツケース重そうだなーw
そんなこんなで購入するタイトルを決定し順次購入していく。
HDDレコーダーにデータが入ったままの「デジキャラット にょ」とかも買ったし、同じくHDDに入っているToHeartの新作も手に入ったので、これで日本に帰ったらHDDレコーダーのデータ消去が出来そうだ(^^)
DVDの買い物が終わって、信和中心を出たのが、かなりウロウロしていた為に、午後6時。
どうやら思ったよりかなり時間をとってしまったらしい…早く買い物を終わらせて、香港のスタバでお茶でも飲もうと思っていた思惑はあっさり消えました(^_^;)
DSCF0101信和中心を出た後は、買い物の間に購入を考えていたDVDプレイヤーを買うことに決定! しかも友人Tと2人で1台づつ購入することにしたw
結局、先程来た道を戻って再度来た先達商場。
すでに信和中心でかなり時間を取られてしまったので、早速購入することにする。
当然ながら6月に買ったとき同様にどこのリージョンのディスクでも見られる機能の他、PALのディスクをNTSCで出力するとか、CDに焼いたJPEG画像が見られたり、同様のMP3ファイルの再生なんかもこなす多機能ぶり。
これで390ドルは、まー日本で買うプレイヤーよりは安いだろう。
問題はコンセントが香港仕様なのでアダプターが必要なことだが、これはタイに行ったときに安く買えるので特に問題ではない。
しかしこれで自宅にDVDプレイヤー3台目、これ以外にPCのドライブやレコーダーもあるんだけど、なんかこーやってどんどん増えていく予感もする(^_^;)

DSCF0103DVDプレイヤーの箱を抱え、帰りのエアポートエクスプレスに乗車して空港に着くと、まずは預けていた荷物を受け取り。
そして空港内で来たとき同様、おもむろにスーツケースを開け、買い込んだ本・DVD・DVDプレイヤーを詰め込む。
来るときには半分以上が空だったスーツケースは、この時点で80%が埋まってしまった。
重量も空港で預けた時点で21kg、普通のエコノミー客なら重量オーバーであるが、そこは自分はキャセイ航空の上級会員様なので何も言われることはない…まあこんな時のための上級会員様なのだがw
さて機内で食事をして以来、空港を出てから何も飲み食いせずに歩いていたおかげでかなり空腹。
空港に帰ってきたらレストランと言いたいが…これまた上級会員のおかげということで、CXのラウンジに直行する。
DSCF0104DSCF0105なんでかといえばこのラウンジで麺をいただくためだ。
実はこれがラウンジでいただく食事としてはかなりうまい(と思う)。
空港のラウンジでこんな暖かい食事が出来て、さらにお腹空いてたからお代わりしちゃったりしてもタダなんだから、あーやめられませんなーw
ついでにスーパードライを3本飲み干し、飛行機に乗る前からかなり出来上がっちゃってます(^_^;)
ちなみに今回行ったのは香港にあるCXラウンジのうち、奥の方にあるピア。
イミグレーションに近い側にあるウィングなら長いカウンターバーがあったんですけどね。
DSCF0106DSCF0107ビールを飲んで非常にいい気分になったところで、こんどはシャワー室へ移動。
何室かあるシャワー室へは入り口の係員に搭乗券を見せて各個室に案内していただく。
出発時間が近いと断られるらしいが、今のところそういう目に遭ったことはないし、さらに髭剃り以外はほぼ何でもそろっている。
こんなに歩き回った日に、ここでさっぱりしてバンコク行きの機内に乗り込める事が出来るとは…ここでもやってて良かった上級会員w
およそ1時間半、ゆっくりと世界一と言われるラウンジを堪能して香港を後にしたわけだが、香港-バンコク間の飛行機の中は、さすがに疲れとラウンジで飲んだビールの酔いのせいで、ほぼ寝ていて終わってしまった(^_^;)
今日は時差の関係で、1日が26時間もあるので(日本とタイの間の時差は2時間)、それを利用してめいっぱい動こうとするとかなり疲れる(T_T)
それでも毎日これくらい1日の時間があると、仕事があってもいろいろ出来そうな感じで楽ですが…その代わり急に1日だけってのは大変ですけどねw
DSCF0113DSCF0112最後の最後にホテルで戦利品の確認。
で、どーしても中身を確認したくなって、仕方ないDVDプレイヤーを箱から取り出してホテルのTVに接続。
ここに来て1時間DVDを見てから寝る自分って一体…友人Tはすっかり寝てますがw

|

« 準備準備… | トップページ | ホテルのプール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/3363604

この記事へのトラックバック一覧です: 1日26時間:

« 準備準備… | トップページ | ホテルのプール »