« パターン化した日本帰国 | トップページ | 田舎へ帰る »

2005.05.05

イベントのある長い1日

5時に目覚ましは起動したものの寝床から出るまでに10分。
そこからシャワーを浴び、いつもより念入りにヒゲを剃る。
せっかくヒゲ隠しに買ったファンデーションを活かすためにも、ここでの手抜きは許されない。
結局5時半にヒゲ剃りを終了し、5時40分に家を出発。
この時間だと7時に羽田に着くには、有楽町線をそのまま乗っていかないといけないので、いつも降りる池袋をそのままスルーして有楽町まで地下鉄に乗る。
有楽町からJRに乗ったところ、suicaの残高があまりないのを確認したので、モノレールへの乗り換えの際に残高補充。
これで羽田からの帰りも問題なくsuicaで帰ってこられる。
モノレールに乗って羽田へ行くが、さすがはGW、休日でこの時間ならまず並ぶことのないセキュリティゲートに若干行列が出来ている。
荷物を預けるのは空いているJGCカウンターで出来たが、セキュリティゲートの通過でおよそ7~8分の時間をかけることになる。
出発まで20分前だが、早く行ってもいいことないので、結局さくらラウンジへ行くことに…ただし、今日はいつもと違ってここで飲むわけにはいかない。
かけつけ3杯のウイスキーの代わりに、かけつけ2杯のオレンジジュースを飲んで出発。
機内で寝ようかとも思ったが、意外と目は冴えていて、今月のJALのアニメチャンネルを聞きながら過ごす。

ほぼ予定通りに新千歳に到着後は、待ち合わせでFさんにメールを打つが、すぐ目の前にいるということで早速合流~
チェックインの時間や、DOORSIDEタグが付いていたこともあり、荷物が最初に出てきたのでわかりやすかったようだ。
ここからつどーむまで車で移動するが、この車内の中ですでにファンデーションの下塗りだけは済ますことにする。
これって信号待ちの時とか、横から見るとちょっと異様な光景かも(^_^;)
で、つどーむへは10時40分頃到着。
つどーむへは何回か来ているがこんなに早く着いたことはないのだが、これだけ早く着くと中側に並ばされるわけねw
合わせをするS・Aさまが来ているか心配だったのだが、Wさんが見かけたということで一安心。
他にも合わせがあるということだから、実際に合わせをするまでにはおそらく時間がかかると考え、開場後すぐにむかった更衣室ではアコライトに着替えることにする。
ということでイベント第1段のコスはラグナロクアコライト(男)
この衣装は着替えるのはあっという間だが、ここでファンデーションをさらに念入りに塗ってみる。
う~ん、なんだかほんとにヒゲが目立たなくなるのね~(^^)
荷物を引きずりながらいつものメンバーとご対面ということになるが、ここからはもう同窓会のノリで辞めたメイドさんとかとも仲良くお話ししながら、写真もちょこと撮るということの繰り返し。

今回の写真は機材がデジカメしかないということで、写真の方は自分的には全然ダメ。
というかコスプレ写真についてはデジカメの撮り方に慣れていないせいで、あとで見返してみても、いまいちうまく撮れていないのだ。
デジカメで本格的に撮影するなら、デジカメも一眼レフにしないとダメっぽいが、当面その予算はないので、当分の間はまだまだフィルムで頑張るしかない。
CONTAX645も生産は今年いっぱいということなので、もう1本ぐらいレンズは欲しいのだが、おそらくそちらにまわる予算も捻出はできそうにないから、やるんなら今の機材を全部売ってデジタル化を考えるしかないんだろう。
それと撮ってもらった写真で気づいたことなのだが、いままでコスプレ衣装は着ていても、あくまでそれを着ながら自分で撮ることが多かったので服装の乱れとかは全然気にしていなかったのだが、なんか撮ってもらう方に回ったとたん、そのあたりが気になってしまった。
やはり合わせでそれなりの写真を撮影するとなるとそのあたりも気をつかわないといけないのだが、こと自分が被写体だとカメラからの見え方が分からないのが痛い(>_<)
この次はそのあたりにも気を配りたいのだが、果たしてそこまで出来るのか?
なにしろ自分でやってるときはカメコとは別の次元で楽しんでいるわけだから、そういったことを注意するにはどこかで冷静さが必要なわけであり、なんか自分に出来るのかホント心配…
でもこれが出来ないといい写真は出来ないと思っているので、ぜひ飾っておける写真に挑戦してみたい。
まあこれは次回に向けた課題だな。

さて写真の話はこのぐらいにして、結局アコで2時間弱を過ごし、次に着替えたのは白イザーク。
この白イザーク、なぜかお姉様方に大人気で、仲間内以外に声をかけられ写真に撮られること4~5回。
いままで単独でこんなに声かけられたことはないっすよ~ということで、なんかすっごい照れくさい感じがしながらも、声かけたのに断られて悲しい思いをしたカメコ時代を考えると、こういったお願いは絶対に断れません。
というわけで声かかかるたび、かるーくOKして撮ってもらってました。(^^)
さて、この衣装でいることおよそ1時間強、残り1時間の14時を回ったあたりでようやくS・Aさまのアスランとご対面~\(^o^)/
まず白イザークは無難な撮影となったわけですが、時間が時間なだけに、ここで残り時間を考えて自分が赤イザークにチェンジ。
さらに赤なら当然、顔に傷を書くところまでやってくると、写真はネタ方向へw
BLっぽい写真を何枚か撮ってみたり…でも自分ポーズの研究不足 _| ̄|○
今冷静になって考えるとBLだったらあーゆうのや、あーゆうのもあったと思いつくのに、その場で気が付かないとは… _| ̄|○
というわけでこれも次回に向けた課題。
結局S・Aさんにお任せしちゃったんだけど、やっぱりコス歴長いだけあって、そのあたりのポーズは自分より数段上でした。
なんだかこんなに課題が多いのに、S・Aさん次回も合わせに付き合ってくれるんだろうか…なんだか心配になってきたよ~(∋_∈)
多分ここは見てないと思うけど、また連絡するので次回もよろしくです~m(__)m
またここを見ている方で連絡が取れる方、よろしく言っていたとお伝えください。
というわけでイベントは終了したわけですが、無事にコスプレ合わせも出来て、頑張って予定をねじ込んだかいがありました。
写真はブログに直接載せようとも思いましたが、まだまだ増えていく予感があるので、コスプレ画像専用にアルバムを作ることにします。
画像は後日そちらの方へ…

イベント終了後、反省会をファミレスでして、さらにロミジュリに寄ってカクテルを2杯。
もうちょっと反省会やロミジュリ滞在でも良かったんだけど、時間がないのがちょっと痛い。
Oさんに千歳まで送っていただいて、最終便にて東京へとんぼ返り。
東京に滞在するようになって初めての最終便だが、乗り換え案内では23時29分のモノレール快速に乗らないと東武東上線最終で帰れないことになっていたが、どうやら次の37分発各駅停車でも、浜松町でダッシュすれば間に合うようだ。
これを知っていたなら休日限定山手線内まで500円切符を買っていたのに、知らなかったから素直にsuicaで乗って120円の損(>_<)
ま、勉強代ですな。
ということで家に着いたのは日付が回った1時。
起きてから20時間、やたら長かったイベントの1日は終わりました。

|

« パターン化した日本帰国 | トップページ | 田舎へ帰る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/4062449

この記事へのトラックバック一覧です: イベントのある長い1日:

« パターン化した日本帰国 | トップページ | 田舎へ帰る »