« 奉仕の精神 | トップページ | 監禁事件 »

2005.05.11

ぴたテン

毎日フルーツバスケットを1話づつ見るのに耐えられず、長野へ帰ったときにDVDを持ってきたつもりだったが、後半しかないことが判明 _| ̄|○
最初から見て感動しようと思ったのに失敗してしまった。
でもめげてはいけない。(そう本多透のように…)
長野から持ってきたのはこれだけじゃないので、代わりに月曜日から見始めた「ぴたテン」をもうちょっと見ることにする。
なんで「ぴたテン」かといえば…

その1、旅行で買ってきた「リリカルなのは」を見たとき、声が田村ゆかり。
その2、田村ゆかりといえば自分的に「ぴたテン」の美紗。
その3、一緒に行った友人Tは「ぴたテン」を見たことがないと言いやがった!
その4、なんだか急に「ぴたテン」が見たくなった。

という4段階の理論で「ぴたテン」だったりする。
しかし友人T! 「ぴたテン」は見ておいたほうがいいと思うぞ。

あと買ってきたSEEDをちょこっと見始めた。
SEEDはこれで何回目なんだかよく覚えてないけど、今までの買ってきたものの中では正規版だけあって格段に画質がいい。
(当然だがTVを録画したパチものにありがちな、字幕や時報の音が入っていない!)
ただ3話ずつ1枚で計18枚という余計なお世話っぽい枚数の多さと、予告が入っていないのがマイナス点。
でもこれで約8000円というのは、1話で160円という安さになるわけで、自分はこれで十分。
国内だと1話で1500円っていうことは、予告が1340円ということですか?
ま、海賊版作られるよりはいいんでしょうけど、このまま内外価格差が続くなら、まだまだ香港に行く価値はありそうです。
価格差で飛行機代とリージョン3のDVDプレイヤーも買えますしね~w

|

« 奉仕の精神 | トップページ | 監禁事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/4095131

この記事へのトラックバック一覧です: ぴたテン:

« 奉仕の精神 | トップページ | 監禁事件 »