« 靴が見つからないよ~ | トップページ | ルームサービス »

2005.07.30

Fancy Frontier 6

さて今日の予定は今回の台湾行きの主目的であるFancy Frontier 6に行くこと。
イベント自体は10時30分からなのだが、もう昨日のうちにかなり疲れきっていて、ホテルで起きたのがその10時30分。
まあ急いでいくほど気合も入っていなかったのだが、ゴソゴソと準備を始める。
まずコスプレ用にきれいにヒゲをそるためにシャワーを浴び、いつもより念入りなヒゲ剃り。
さらにコス衣装をバッグに詰め、化粧道具を持ってホテルを出たのが11時45分。
イベント会場まではMTRで行き、会場内では食事もままならないということで、会場の最寄り駅についてから食事することになった。
何を食べようかと考えていたところ、駅前に吉野家の看板が…友人Daが久しぶりに牛丼が食いたいというので、吉野家で牛丼を食うことになった。
自分はGWの時にマレーシアで牛丼を食べているが、友人は1年以上食べていなかったそうで、久しぶりの味に感動していた ( ;∀;) カンドーシタ
というか「本当に日本と同じ味がする!」と言っていたが、そうじゃなかったら現地に来た日本人が怒っちゃうぞw
感動の味との再会の後は、さらに同人誌を買うための資金を若干調達し、いよいよ会場へと乗り込む。

さて、肝心のFancy Frontier 6なのだが、食事が終わったのが12時45分ごろ。
コミケならこの時間とっくに入場の列は解消しているが、こちらはそうはいかず、この段階でまだ長蛇の列が続いている(T_T)
一応並んではみたものの、まったく先が見えない状況に、自分だけ列に残って友人Daに先のほうへ偵察に行って来てもらうことにした。
暑い中でうちわを扇ぎながら待っていると、友人Daが帰ってくる。
なんと数百メートルは並んでいるそうで、入り口までには相当な時間を要するらしい(>_<)
というかボトルネックは入り口ではなく、入場のチケットを売るところが1つしかないのが原因だという。
「手際が悪い!」と友人Daも言っていたが、確かに日本なら地方イベントでさえ3箇所や4箇所でチケット代わりのパンフは売る。
それが1つしかないのだから、この行列についても出来るべくして出来たというべきだろう。
ただコスプレするなら会場の外(!)でやってるので、先に行ってコスプレだけやっているのはありだという。
なんで会場の外なのかは行ってみるまで分からなかったが、それにしても待っている間にもコスプレ衣装のまま行き来する人が非常に多い。
この現象自体、まず日本では考えられない。
というかそんなことをするとイベント主催者にも怒られるし、必ず某巨大掲示板で叩かれるw
ところがこちらでは地下鉄の駅を降りた時点ですでにコスプレ状態の人を何人も見かけるし、イベント帰りでもコスのまま地下鉄に乗っちゃってる人を何人も見かけた。
そりゃー衣装によっては家から着ていけば楽だろうけど、回りも何も言わないあたり国民性の違いだろうか?
これならホテルで着替えてそのまま地下鉄で会場入りも全然問題ない感じだが、ホテルのロビーでコスプレのままの格好で通っていくのが何とも恥ずかしいので、やっぱり会場で着替えるってもんだ。
結局、着替える場所の問題もあるのでそのまま並んでいることにしたわけだが、待っている間に後ろに並んでいた女の子(現地の人)に日本語で話しかけられる!
急にどうしたんだ! と思ったが、昨日から台湾で買い物をした書道屋や靴屋、それにホテル、みーんな日本語で話しかけられてたんだなw
待っている間にもこんなところで国際交流(^^)
結局待ち時間はおよそ1時間45分、途中で雨が降ってきたりしてそれを避けたり、それでもずーっと暑い中をうちわで耐え、14時半になったところでようやくチケットを買い会場の中に入ることが出来た。
会場自体は体育館で、1階と3階の2フロアを使っているが、会場の大きさの割りに人が多い。
そして中に入って分かったことだが、通路のような場所を含めて屋内ではこれだけのコスプレ人口を受け入れて撮影する場所がない。
なるほど外にいる理由はこれか!
わかったところで、とりあえず主催のFrontierのブースでコスプレ雑誌と最新のFrontierなどを買ってみるw
駅では7月号しか売っていなかったのに、ここで8月号が売っていたのはうれしい(^^)
さてうろうろしていると、会場限定メイド喫茶があるというチラシを配っている。
というかとりあえずチラシ配りを見ていただけだったのだが、なぜか自分たち日本人を追ってきてわざわざ「ぜひ寄ってください」とこれまた日本語で言われてしまったw
こうなったらコスプレして行ってみるかということで、友人と着替えようということになったのだが、更衣室の場所がよく分からず、建物の端っこの方の人が来ないところで着替えることに…これも日本だったら許さずに叩かれるネタになるのだが、ここでは女の子すらそうしていたりするからすごい!
なんとか着替えたところで、そのメイド喫茶に移動~しかし、臨時で出すようなメイド喫茶、スペースが十分あるわけもなく、メイドがお菓子や飲み物を売っているブースにしか見えない(^_^;)
一応座って飲む場所としてテーブル2つに椅子が8つ準備されているが、1つは迷彩服を着た連中に占拠されていて、もう一つもグループは違えど似た状況(>_<)
DSCF3331せっかくなので、飲み物だけは購入し、それを立ち飲みしながら眺めているだけ…ただ、友人Daはたまたまお客の流れが途切れたときに写真撮影に成功。
animaidはちっとも復活しないが、台湾でもまたメイド喫茶が出来るといいですな~
さてその後はブースをいくつか回り、現地同人誌を購入。
Airの同人誌だけ買おうと思ったブースでは、またもや日本語で対応され、セットがあるからこっちがお徳と言われるままセットで購入したら…なんだこのデカいポスターは!
これ、どうやって持って帰るんだ? スーツケースには入りそうもない大きさのポスター、これは機内までこのまま持って搭乗せざるを得まい _| ̄|○
はずがしいいよ~ ノ(´д`*)
結局買った同人誌はAirがお土産用含めて2冊、ラグナ1冊、そしてオリジナル2冊で計5冊。
しかしどの同人誌にも微妙に日本語が書いてあるのがなんだが不思議だ。
日本で売るつもりじゃないんだろうけど、だとしたらこの日本語は自分たちと同様に台湾まで出かけてきて買い漁るようなやつ用の説明なのかも。
おそるべしオタクパワーw

同人誌を買い終わったところで15時15分ごろに場所を移動、外に出てコスプレしているレイヤーさんの撮影を始める。
人気のあるコスプレの傾向だが、日本とは若干違う。
日本ではSEEDやDグレなんかを最近よく見かけるが、こちらではSEEDはかなり少なめ、ラクスが少しいるかな~といった程度。
アスランはそれ以下、キラは見かけなかった。
SEEDでその状態だと当然最近のDグレなど皆無である。
じゃあ何が多いんだ? といえば現地のゲームと思われるコス、そしてラグナ。
日本よりかなり多いぞ、ラグナコス!
しかしアニメ関係もいないわけじゃないし、ギャルゲ~だとPiaキャロなんかもいるから、日本とそれほどギャップがあるわけではない。
外ということでエアコンがない暑い中、自分もコスして撮影をしていたわけだが、自分は写真撮影の声をかけられること2回。
SEED自体が少ない中、まさか自分単独でお願いされるとは思いもしない展開w
もしかすると台湾のサイトのどこかに自分の顔が出た写真が載るかもしれん(^_^;)
一方の友人Daのラグナはコスプレしてる人が多いのに、なぜか友人自身には声がかからない。
後になって考えてみると、日本では結構多い1次職コス自体が少ないのだ。
日本では人気の♀アコライトですら皆無で、これくらいしか理由が思いつかない。
そうそう、こちらでもいわゆるカメコは健在で、大きい機材を抱えている人間もたくさんいた。
このあたりは日本と変らないが、撮影方法は取り囲むケースが多いように感じた。
日本のように列を作るということはないようである。
というわけで撮影の許可はもらっているものの掲載許可はもらっていないので顔を出すわけにはいかないが、いくつか気になったやつはコスプレのところにあげておこう。
自分のヘタレのやつもあがっているが、まあ許してくれw
結局ここで1時間ちょっと、16時30分まで撮影。
またもや建物影に隠れるかたちで着替えて会場を後にした。
今後の反省点、それは「夏に来るのはやめよう!」ということかw とにかく暑くて死にそうだった(>_<)
今度来るときは日本が寒い冬場、それならここは逆にコスプレしやすいんじゃないかと思っている。
さて次に来るのはいつになるだろうか…

暑い中コスプレして疲れきったところでホテルへ戻る。
昨日かっておいて飲まなかったビールを冷蔵庫から取り出しお疲れ様の一杯w
しかしこのまま寝てしまうわけには行かない。
まだやらなければいけないことが残っているのだ。
一つはDVDの買出しで、光華商場というDVD屋が集まっているところに行ってみること。
そしてあと1件は友人Daのリクエストの猫喫茶へ行くこと。
猫喫茶の営業時間が夜の0時までということで、先にDVDの買出しに行く。
正規版が殆どなので日本に持って帰っても税関でいろいろ言われることはないということで、何かないかと探したが殆ど香港パチで持っている物なのでメインは香港パチの品質がイマイチなものの買いなおしになった。
結局買ったのはCCさくら(今度のやつはケロちゃんといっしょが入っている!)、ぴたテン(香港製は機械の操作字幕が出てイマイチ)、小麦ちゃん(実は持ってなかった)、君が望む永遠(コスプレ記念で御購入~)、みすいろOVA(これも持ってなかったので…)といったところ。
これだけ買っても4万円、日本だとぴたテンあたりだけで終わってしまう金額だ!
正規版だから品質にも問題はないし、今後香港がダメなようなら今度はこちらをメインに考えようかと思う。
ただ問題は、正規版だけあってタイムリーなタイトルには期待が出来ない。
それでもよほどのマイナータイトル以外はちょっと待てば問題なく手に入るという感じではあるので、今後に期待の台湾製か?
意外と大きい荷物になってしまったので、自分だけいったんホテルに戻ってDVDを置き、最後は友人Daの御指定の猫喫茶。
ほんと猫が好きやね~
ここで食事を取って予定は終了。
帰りにはコンビニによってまたマビノギのお茶を買って来る。
昨日の5本に続いて10本買ったおかげでおまけはコンプリートしたものの、問題はこの15本のお茶だ。
捨てていくにはもったいないので、ホテルでスーツケースに詰めていく。
DVDもあったので厳しかったが、なんとか詰め込んで帰る用意もOK(^^)
ただしこのスーツケースの重さは…普通にエコノミーだったら絶対超過料金!
ここでもJGCが活きそうな感じがする。
さて空港で何キロの表示をするだろうか…

|

« 靴が見つからないよ~ | トップページ | ルームサービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/5238952

この記事へのトラックバック一覧です: Fancy Frontier 6:

« 靴が見つからないよ~ | トップページ | ルームサービス »