« 4月からのシェラトン札幌 | トップページ | amuamu2回目 »

2006.03.10

韓国初メイド喫茶amuamu

韓国ソウルへ出発する前にココログの調子が悪いが直らないかと、何度か記事をアップするべく試してみたものの、全く直らず、さらに友人Tがメッセンジャーで「現地のイベントへ行くから、コスプレ衣装を準備せい!」と、言われたこともあって、急遽準備。
そうこうしているうちに自宅の出発時間は迫り、こりゃー寝たら起きられないという時間になってしまったので、寝ることなく自宅を出発(>_<)
札幌行きと同様に羽田空港へ向かう。
今回のソウル行き、自分の家からだと、羽田だろうが成田だろうがあまり変わらないし、それこそ特典航空券なので値段についても変わりなかったわけだが、友人Tは羽田が便利なのと、ソウルに着いてから地下鉄で移動出来るという点から羽田をチョイス。
いつもは使わない第2ターミナルまで行き、そこからターミナル間の連絡バスを使って国際線ターミナルまで移動する。
初めて使う羽田の国際線ターミナルだが、成田や関西のそれに比べるとはっきり言って何も無いw
ちょっと早めに行ったけど、これだと早く行ったところで何もないのでやることがないのだ。
とりあえずラウンジに居て、飲み物を飲むことは出来るけど、国内線ラウンジと変わらない状態なので、ラウンジとして寂しい。
うーん、今度はギリギリに来るようにしようかな?

寝ないでここまで来ていたことと、ラウンジでアルコールをいただいたこともあり、機内は軽食時以外はほぼ睡眠(-_-)゜zzz…
入国カードすら書かずに寝ていたので、着いてから書いていたら、イミグレーションは最後尾になってしまった(>_<)
これじゃ荷物が早く出てきてもあまり意味がないなw
入国後は現地の電話を借り、現金を調達して地下鉄の駅へ移動。
いちいち切符を買うのが面倒なので、非接触タイプのプリペイド乗車券(T-moneyカード)を買って、地下鉄に乗車する。
そういえばこの非接触タイプの乗車券、日本国外では香港(オクトパスカード)、バンコク(地下鉄)、台北(MTR)、そして今回のソウルと4つめ。
なんだか種類が増殖中ですw
シンガポールのMTRも非接触タイプなんですが、シンガポールはなかなか行くことがないので、買わなかったんですよね~
そういえばバンコクで同じFelicaのオクトパスカードと日本のsuica、それに現地のカード3枚重ねたら、改札通れるかとかやってたなw
ソウルでも機会があったら試してみよう。

地下鉄に乗っておよそ1時間、乗換はしなかったものの、ソウル市内を縦断して、着いたのはクヮンナル(Gwangnaru)という駅。
IMG_1544sIMG_1545sIMG_1547sここからバスに乗ること10分ぐらいで、今回のお宿であるシェラトングランデウォーカーヒルに到着した。
市内から遠いものの、今回のホテルをここにした理由はただ1つ、カジノがあるからですw
それほどギャンブル好きというわけではないですが、たまにはやってみたくなるだけですが(^_^;)
今回は混雑しているということもあって、部屋のアップグレードはなし。
広さ的には、このところ泊まっているシェラトン札幌よりは広いものの、先月のシェラトン台北よりは明らかに狭い。
しかし特に規定していなかった眺望は見晴らしの良いリバーサイド側となったので、まあまあといったところか。
ただ不満なのはアメニティ、ヒゲ剃りが有料のものしか置いてありません。
これは改善すべく、コメントに書いておこう。
部屋で一休みして午後4時になったところでホテルを出発。
この後の予定は夕食を食べること以外にあと1つ、韓国初メイド喫茶amuamuへ行くことです。

IMG_1550sIMG_1552sIMG_1553sIMG_1554s旅行前にWebで見つけたメイド喫茶amuamu、ハングルの説明しかない分かりづらいホームページの地図を解読し、さらにすでに行った先人たちの説明のおかげで、以外とあっさりと見つけることが出来ました。
一応周りの写真なんかを撮りつつ、階段を上がっていざ入店!
入った第一印象は「この広さはなんだ!」ってことw
いや、これが、写真を見ても分かるんですが、広いんです。
IMG_1563sIMG_1561sIMG_1564sアキバなり札幌なりのこぢんまりとした店を想像していた自分たちにとって、このプロジェクターでアニメが流れつつ、ゆったりとしたテーブルの配置、交流ノートと日本・韓国の各ニュータイプが置いてあるカウンターテーブルと、すべてにおいてスペース的に余裕があります。
席数は数えたところ30、しかし自分らが行ったときには自分たち以外には客はおらず、広いところにポツンと2人という状態でした。
入ったときにいたメイドさんは2人、案内されて一番端の2人がけの席に座り、メニューが出てくるのを待ちます。
おしぼりとお冷やをいただいき、出てきたメニューが…やはりホームページがそうであったようにハングルか _| ̄|○
さてどうしたもんかなーと思っていると、メイドさんが新しいメニューを持ってきます。
なんと即席日本語解説が付いたメニュー! ナイス!
おそらく日本語が出来る人を探しているようなので、しばらくはちゃんとした日本語メニューはないかもしれませんが、まあこれがあればなんとか注文はすることが出来そうです。
IMG_1570pIMG_1562s後人の方のために、メニューを撮影した画像はリサイズせず上げておきます。
友人と2人、ここまで来て飲み物だけで帰るというのも寂しいもの。
というわけで今回のオーダーはカフェオレとアイスクリームを各2つ注文しました。
注文が出来上がるまでに、メイドさんがノートとペンを持ってきました。
この時点でメイドさんは1人増えて3人に。
(その後また2人になったので、ちょうど交代の時間だったらしい…)
持ってきたノートはいわゆる、いわゆるメイドさん個人用の交流ノート。
これを見た大阪系のメイド喫茶にはよく行く、友人Tいわく「雰囲気が大阪のそれっぽい」とのこと。
自分は内装の雰囲気を見て、「これでソファーがあったら閉店してしまったミルクホールなんだけどな」って思ってましたw
交流ノート、3冊も持ってこられてしまって、さて何を書いて良いのかイマイチ迷ったんですが、とりあえず今回は「自分はここに来た!」ということをアピールするため、持ってきていたコスプレ用名刺を貼り付けて、アピールすることにしました。
何か貼り付けるシールはないかと探していたら…あるんですよね~なぜかスマートメディアの書き込み禁止用のシールがw
IMG_1557sCA330002sIMG_1566s名刺を貼り付けながら、交流ノートを書いていると、注文したカフェオレとアイスクリームが出来上がりました。
しかしノートを書いていたので、ちょっと手狭になったと思ったら、メイドさんが自分たちの隣のテーブルを移動。
自分たちのテーブルにくっつけて、そちらにカフェオレとアイスクリーム置いていってくれました。
客が自分たちしか居なかったとはいえ、良くできた行動です。
さらにいろいろ書いていると、メイドさんの1人から日本語で声をかけられました。
何でも大学で日本語を勉強しているそうで、それほど上手くないといっていましたが、いえいえそんなことはなくて、こちらの言うことも十分理解されていたようで、非常に楽しめました。
そのメイドさん曰く、日本人は自分たちが初めてだとのこと。(そのメイドさんにとっては…ということかな?)
一応、友人と2人、ヲタらしい内容を振ってみましたが、このメイドさんはコスプレなさるそうで、何が人気がありますか?と聞いたら、SEED、ハガレン、デスノート、Dグレと、まあ日本や台湾と変わらないんだな~と言うことを認識w
でも台湾の時にも感じていたんですが、日本のギャルゲー系のコスプレの話は全く出てこなかったので、やはりこのあたりが日本との差というところのようです。
さらに明日・明後日にあるコミックワールドについて聞いてみたところ、それほど大きいわけではないが定期的に開かれるので、コスプレイヤーもそれなりに多く参加するとのこと。
マナーなんかも聞いていたら、コスプレのまま来場する人が居るけど、やっぱりそれはマナー違反のようで、いけないことです!と言っていました。
たまたま店内には自分らしかいなかったこともあり、かなりの時間に渡っておしゃべりをして、楽しい時間を過ごしました(^^)
その後は、もう1人お客さんが現れましたが、結局ノートを書き、メイドさんとおしゃべりをして、さらに友人Tと話したりしているうちに、かなりの時間が流れました。
でもその間、お客は自分ら含めて3人…うーん、始まって1週間だと、こんなもんですか? 長続きしてもらいので、ちょっと不安(^_^;)
IMG_1568sちなみに机の上には注意書きっぽいのがあるんですが、90の文字からすると、混雑時90分制限の注意書きでしょうか?
まあじぶんらはそんな制限に引っかかることもなかったわけですけどw
かなりの時間が経って、そろそろ出ようかな~というときになって、チェキの撮影を依頼しました。
すると店長さんが出て来たのですが(オーナーはまた別の方のようです)、この方は大阪在住だったそうで、日本語でメイド喫茶のお話などを少々。
でもこのお店が友人曰く大阪ライクだっていうのは、店長が大阪在住だったからですかね、なんか納得。
で、この撮影なんですが、場所はスクリーンのあるところに、わざわざ椅子まで持ち込んでの撮影!
CA330004s値段が1枚3000ウォンの割にはかなり手が込んでいます。
友人はメイドさん2人と1枚、自分はメイドさん2人、各1人の3枚の撮影を依頼。
各1人との撮影には、大阪のメイド喫茶ではお約束の2人でハートマークを作っての撮影をしましたw
チェキコレクションまた増えました\(^o^)/
余白に落書きをしていただき、書い終わったところでお会計。
2人で38000ウォン。
レシートまで書き込みをもらってしまって…これは捨てられないですね(^_^;)
最後に、感想としては、韓国初の割にまずまずどころが十分楽しめたと思います。
明日どうしようかな?
また来ようかな?
明日は土曜日だから今日よりは混みそうですが…

店を出た後、後人のためにも再度店の場所を確認。
お店のホームページにある地図、あれのABCマートを目指すのがわかりやすいと言えばわかりやすいが、自分たちは地下鉄4号線、駅番号424の明洞の8番出口から北上、ABCマートが見える位置で右に入った。
この路地、両側が露店になっているのだが、意外と狭い。
さらに友人Tによると、amuamu近くの焼き肉屋(福清)は、歩き方にも載っているし、ここのあたりを目指してくるのがわかりやすいのではないかとのこと。
ちなみにこの後、友人Tとその焼き肉屋で夕食。
焼き肉にビビンバとビールを頼んだらお腹いっぱいで、大変でしたw
でも美味しかった(^^)
地下鉄とバスを乗り継ぎ、ホテルまで来たところで、自分は眠くなって(-_-)゜zzz…
でもブログが心配で、夜中に目覚ましかけて、ブログ書き。
友人はカジノに行ったけど、BJの台が混雑で空いておらず、帰ってきて寝てます。
夜中に起きてリベンジしに行くと行っていますが、まだ寝ているところを見ると、もうこのままかな?

<お礼>
amuamu(アムアム)での撮影は、お店ならびに友人Tに協力頂きました。
サンクス>amuamu & 友人T

|

« 4月からのシェラトン札幌 | トップページ | amuamu2回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/9032033

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国初メイド喫茶amuamu:

« 4月からのシェラトン札幌 | トップページ | amuamu2回目 »