« デスクトップPC購入決定 | トップページ | 何もしない日々(1) »

2006.04.29

2回乗り継いでプーケット到着

例によってCXでバンコクまで移動なわけだけど、はっきり言って前回のバンコク行き(8月12日)とあまりに変わらない行動なので、特に何かあったということはまるで無し。
まず成田から香港までだが、睡眠時間が少なかった上に、アルコールが入ったので、食事時間以外はほぼ睡眠(-_-)゜zzz…
Img_1721乗り継ぎの香港では、わざわざ1便遅い便にしたので、ラウンジではもはや定番の麺を食べ、お腹がいっぱいになったところでバンコク行きに搭乗となる。
このあたり、香港行きで自分の隣に座ったオヤジが、同じくバンコクまで行くのにギリギリの便に乗り継ぐためにあたふたしていたのとは対照的w
とまあ、バンコク到着までは前回の8月に来たときとまるで同じ。
まああっちの方が詳しく書いてあるし、画像入りならこっちで書いたやつが詳しいので、そっちを見てくれ~って事にしよう(少々手抜き(^_^;))
で、その後タイの国内線に乗り継ぐために国内線ターミナルへ移動。
ここからは初めての体験だったが、国際線ターミナルから国内線ターミナルへ行くのに少し手間取ったものの、大きなトラブルはなく、予約していたプーケット行きに無事に搭乗手続き。
A300-600と比較的大きい機体なのに、沖止めだが、これは夏に開港する新空港ならゲートになるんだろうか?
っていうか今の空港は今回の旅行で最後になんだな~
プーケット行きの客は欧米人が圧倒的に多かったが、これは日本人がプーケットに行くのに香港経由でバンコクまでは来ないのが普通だから、直行便で来て、1便早いプーケット行きに乗っていったのだろう。
Img_1741それとTGの国内線は短いのに機内食が出るのが意外だった。
味はまずまずだが、フライト時間が1時間10分とかでは、少しドタバタとした印象。
空港に着いてからタクシーを使って移動しようとしたが、メータータクシーの乗り場がかなり離れているのは何故?
なかなか気がつきにくい場所にあるし、これでは普通の人はみんなワンボックスタイプのやつに乗っていく予感~
ホテルまではかなり距離があり、夜なのに、ほぼガイドブック通りの所要時間で到着。
今回はいつものスターウッド系列ではなく、たまたま持っているヒルトンのゴールド(いわゆる宿泊実績でもらったのではないゴールドメンバーカード、通称なんちゃってゴールド)がどのくらい違うのか試してみるためにヒルトンに泊まってみたのだが、はっきりいって何も変わりませんでした(^_^;)
Img_1746Img_1747部屋のアップグレードもなく、特別なことはまるでなくて、ヒルトンの場合はなんちゃってゴールドだとこんなもんなんですかね?
スターウッドの時は、なんちゃってゴールドでもいろいろ優遇してくれましたけど、まああまりに感動がなかったので、ヒルトンとはこれっきりになりそうな気がします。
最初が肝心なのにねぇ…
時間も遅いし、ホテルの周りにお店が何もないので、友人と久しぶりに冷蔵庫のビールを飲んで就寝(-_-)゜zzz…

|

« デスクトップPC購入決定 | トップページ | 何もしない日々(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/9905030

この記事へのトラックバック一覧です: 2回乗り継いでプーケット到着:

« デスクトップPC購入決定 | トップページ | 何もしない日々(1) »