« 株主優待券、届く | トップページ | 買い物三昧 »

2006.05.26

アップグレードしまくりでw

朝、GWと同じ快速に乗り成田へ向かう。
今回もグリーン車を利用したが、さすがに前回とは違ってガラガラw
余裕で空港までいけた。
到着後、ビジネスクラスカウンターに案内されるて手続きすると…
Pap_0002キタ━━━━━━( ゜∀゜)━━━━━━!!!! ビジネスクラスの搭乗券が!
JALでもようやく来てくれました。
キャセイのニューヨークからの帰り以来のアップグレード。
JALでは当然初めて。
これで楽して香港まで行けるわけですが、その前にまずはラウンジへ。
さて、成田のラウンジですが3箇所、サクラ、サクラアネックス、JGCラウンジの3つがあるわけですが、なんか似たような場所にいくつもあって、どれに行っていいのやら、ちと分かりにくい。
とりあえず一番しょぼい可能性はあるけど、今後使うことの多いであろうJGCラウンジに行ってみました。
ま、年会費さえ払えば継続できるJGC用ですから、シャワー、暖かい軽食、飲み物の種類、どれをとっても香港のキャセイラウンジには遠く及びません。
しかし今回使わなかった他の2つのラウンジが大きく違うとも思えず、このラウンジ程度だとすると、アップグレードされないのを承知の上なら、JALのワンワールド入りの後も、アジアへ行くには香港経由でキャセイを積極的に使った方がいいような気がする…そんな気にさせるラウンジのレベルでした。
成田はJALのベースになる空港なんだから、改善の余地があると思うんだけど、スペースの都合なら、6月以降に1ターミナルへ移った会社の空いたスペースを上手く活用することで解決できると思うんだけど…
でもおそらく、そればかりが理由ではなさそうな気がするので、当分このレベルに留まりそうな気がするな~
ぜひ香港のキャセイラウンジ並みを目指して欲しいところだけど…

さてせっかくアップしてもらったビジネスクラスですが、これもいろいろとキャセイの方がいいかな~という点がありました。
Dscf0305まず乗ってから、飛ばないうちに飲み物が出てくるキャセイと、飛んでシートベルトサインが消えてからでないと出てこないJAL。
おつまみといっしょにシャンパンをいただきましたが、せっかく優先搭乗で早く入れるのですから、出来れば飛ぶ前から飲み物が欲しいところです。
あーただ、いただいたおつまみのドライなっとうは、美味しくてGOOD!でしたけどw
そして今更ながらビジネスクラスでありながら、いまだにシート電源がないJAL。
そりゃ最新のSHELL FLAT SEATは付いているんでしょうが、キャセイは付いていない機体に当たるほうが少ない状況で、しかもエコノミー前方でもシート電源が使える。
今更ながらキャセイが、2005年のエアラインオブザイヤーの航空会社であるという理由が、実はこういうところにあるのではないかという気がします。
といっても国内線はJALを使わざるを得ないので、JALには頑張って欲しいところですが…
Dscf0308それでもビジネスクラス、食事はエコノミーよりは全然いいですし、かな~り楽をさせていただきました。
食事後の睡眠を1時間ちょっと、目隠しと耳栓をいただいていて、ぐっすりと寝て香港到着。
但し、予定より30分近く遅れたので、関空を経由してきた2人よりは1時間近く遅れることとなった。
友人Da、友人T、申し訳ないm(__)m
携帯電話で集合場所を確信し、合流。
エアポートエクスプレスに乗って九龍駅に向かうため、駅に向かうが、ここでひとつ気づいたことが…
前は空港が始発駅だったのに、空港の先に展示場の駅が出来ていて、始発ではなくなっていたのだ。
イベントが開かれている様子はなかったので、特に込み合っていることはなかったが、もし展示場でイベントでも開かれていたら…座っていけないわけね(^_^;)
ま、そうそうイベントとぶつかる事もないだろうから、いいんだけどw

さてエアポートエクスプレスを九龍駅で降り、無料のシャトルバスにのって、今日の宿ニューワールドルネッサンスに到着。
スターウッド系列のシェラトンがあるにもかかわらず、マリオット系列のルネッサンスに泊まったのは、場所がほとんど変わらないのに、部屋が広くていのに安いから。
Img_1960Img_1966特に今回は3人なので、エキストラベッドを使用することになるため、部屋の広さは切実だ。
エキストラベッドについては今回予約を担当した友人Daがリクエストを入れておいたが、実際にどうなるかは現地に行ってみないと分からないということで、フロントで再度確認。
最終的にどうなったかといえば、ホテル側が気を利かせてくれたのか、なんとスイートにアップグレード!
おいおいどうした今回の旅行、なんかつきまくってるぞ。
というわけで部屋の広さ、寝る場所ともども何の問題もない場所でしたw
部屋を一通り見て一休みし、3人で今日の行動を考えてみたわけだが、特にやることもないということで久しぶりにマカオに行くことにj決定。
そうと決まれば船の値段が高くなる前に行く方がいい(18時以降の船は高いのだ!)と、さっさとホテルを出発し、マカオ行きの船が出る上環まで地下鉄で移動。
Dscf4655Dscf4658マカオ行き17時のTurboJetのチケットを購入する。
船が出るまでおよそ15分の待ち時間があったが、その間に小腹がすいたので、吉野家で牛丼を頂く。
海外に来ては牛丼食ってるなw
15分しか時間がないので、さっさと食べて、セットで付いてきた飲み物を持って乗船。
2001年からおよそ5年ぶりにマカオの地を踏んだ。

降り立ってフェリーターミナルをガイドマップのチラシを探しながら歩いていると、観光客向けの勧誘がうざいのでとりあえず街のほうへ歩いて移動。
その後、どこへ行くか?ということになったのだが、マカオに来た目的っていうと、自分的には7割ぐらいがカジノ。
おそらく友人Tもそんなところだと思うのだが、友人Daは初めてのマカオということで、一応観光をしようということになった。
時間も夕方ということで、、無難な線ということで「聖ポール天主堂跡」に決定する。
歩いて行くには遠いので、タクシーで行くことにしたのだが、これがどうしてなかなか捕まらない(>_<)
時間が夕方ということも影響しているのか、タクシーはよく見かけるのに、みんな実車なのだ。
横の方で見ていると、タクシーを降りるために開けたドアから、客が降りるとすぐに次の客が乗っている。
まー自分が行ったアジア圏の都市より、確実に捕まりにくい。
なんとか15分ほどで、タクシーを降りる客をみつけ、そこですぐに乗り込んで、ガイドブックを見せながら行き先を指示。
Dscf4660Img_1971結局着いた場所は「セナド広場」の前で、そこからは歩いていくこととなった。
まあ観光という意味ではちょうどよかったというところかw
広場から歩いて数分で「聖ポール天主堂跡」に到着。
陽はすっかり傾いているけど、ライトアップされたそれはまた別の趣を見せる。
う~ん、いい感じw
但し、野郎3人というのがちと悲しいが(^_^;)
3人で一通り観光した後は、再度捕まえにくいタクシーを捕まえて、フェリー乗り場近くまで戻る。
そして、この後は1時間ちょっとカジノでBJをプレイする。
前に来たときは、ローカルルールが多いとか、あまり良いうわさを聞かなかったのだけど、その後は雰囲気が変わったらしい。
とりあえず最初に15分ほど、後ろから見て、特殊なルールがなさそうなのを確認。
ミニマム100$のテーブルで、初期投資1000$から開始。(友人Tも同じテーブルで開始)
ゲームしていて、そのゲームしやすさはラスベガスほどではないものの、ソウルよりはいいかもと感じました。
ただミニマム100$は日本円で1500円。
しかもミニマム100$のところは全体の半分以下のようで、ウォン高になったとはいえ、ソウルよりは若干高めなのが残念なところ。
まあそれでもまた香港に来たときは立ち寄って見てもよいかなと?と思わせる感じでした。
一進一退が続いたけど、結局自分はトントンで終了。
一方の友人Tは大きく勝ち越した様子。
それなら「夕飯はおごりで良いよな」ということになり、お店がやっていそうな時間に帰るため、マカオを22時に出発。
香港に戻り、日本にも支店がある「糖朝 The Sweet Dynasty」で夕食、点心とデザートを頂く。
満足したところでホテルに帰って、コンビニで買ったお酒を飲んで(_ _).。o○

|

« 株主優待券、届く | トップページ | 買い物三昧 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/10340201

この記事へのトラックバック一覧です: アップグレードしまくりでw:

« 株主優待券、届く | トップページ | 買い物三昧 »