« 2重レートって…そりゃないでしょ! | トップページ | クレーム入れてみました »

2006.11.16

ウィッグに手を入れました

来週のイベントに間に合うように、先に合わせのお相手に衣装を着てみてもらわないといけないわけだが、それには今週末に札幌に行ったときに衣装とウィッグをもっていかないといけない。
衣装の方は特段問題があるわけではないのでいいのだが、問題はウィッグ。
手を入れないといけないことはわかっていたのだが、忙しくてなかなかウィッグに手を入れる暇がなくて、前の夜になってしまった(^_^;)
実は自分でウィッグに手を入れるのは初めてだったのだが、そもそもダミーの頭というか、ウィッグ屋さんに飾ってあるような頭だけのマネキン(名前はなんていうか知らない)など持っていないので、仕方なく即席で似たような物を作ってそれにかぶせる形にしてから手を入れ始めた。
普通のロングウィッグを、ARIAの水無月灯里の特徴である出雲暁が言うところの「もみあげ」だけを残して、後ろ側をバッサリ切り始めた。
しかし、横一線に切ってしまうといかにも不自然になってしまうため、チョッとづつランダムに切っていかないといけないのが意外と難しい(>_<)
美・理容師のみなさんのテクニックというか、そのあたりの苦労が分かった瞬間でした。
こんなものかな~というところまで持っていくのに、およそ2時間…でもなんか細かく見るとちと違う(^_^;)
これ以上手を入れて取り返しがつかなくなるのは避けたいので、あとは撮影テクニックでカバーしましょう。
しかし、ウィッグは色が無いとか、髪型が特徴的だとか、衣装以上に苦労させられるな~
このあたり、衣装と共にレイヤーさんの腕の見せ所なんでしょうね~

|

« 2重レートって…そりゃないでしょ! | トップページ | クレーム入れてみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/12756827

この記事へのトラックバック一覧です: ウィッグに手を入れました:

« 2重レートって…そりゃないでしょ! | トップページ | クレーム入れてみました »