« 夜中にカラオケ | トップページ | 新年早々、おなかが痛い(>_<) »

2006.12.31

非常に寂しい大晦日

この日が訪問客のピーク。
午前8時にお寺から電話で起こされて、それから11時過ぎまでは何事も無くウトウトして過ごしたものの、そこからは来客がひっきりなしに訪れる。
普通の来客はそれほど困ったことは無いのだが、たまーに変な来客もあるもので、父の先輩という、ちと認知症が入った人が来る。
前にもうちを訪ねてきて、同じことをずーっと言っていた人なのだが、この人、なにやらうちに近所の人に届けるものを託そうとする。
そりゃーオヤジが健在ならオヤジに預けてもらうのはいいと思うのだが、はっきりいっておいらはその人の住所をよく知らない(^_^;)
年賀状でも来ていればまだ分かるのだが、どうも相手も高齢ゆえ、すでに年賀状のやり取りもなかったらしい…
そんな人への届け物などどうにも出来ないので、なんとかお引取りながうわけだが、相手が認知症ゆえになかなか一筋縄ではいかないのだ!
なんとか自宅の方へと連絡をとり、お引取り願ったわけだが、たまたまこの時に姉がいたから連係プレーで何とかなったものの、1人だったらどうなっていたんだろう…なかなかいろいろあって大変です。
来客の方が一段落着いたところで、時間は夕方、今度はこちらも今年亡くなった方がいる近所の人のところに線香をあげに行く。
本来であればオヤジがやらなければいけないところを、自分がやるわけだ。
なかなかこういうのをやらないといけなくなるとなると、たとえ来年になっても大晦日は遊んでいる場合ではないですな(^_^;)
というわけで夜になり、姉も帰ったところで、最後の来客…それは昨日カラオケに行った友人でした。
いや、来るのは昨日聞いていて知っていたんですが、日中は忙しいだろうと思って「来るなら夜に来て~」と自分からお願いした次第。
結果的にはこれが成功だったらしい。
でもわざわざ線香をあげに来てくれたのは、本当に感謝<(_ _)>
オヤジもいい友人がいると喜んでくれている気がします。
というわけで、そのあと2年参りに行く友人を見送り、自分は1人寂しく年越し。
ここ数年で、これほど寂しい大晦日だったことはないんじゃないかと…入院して、そのまま年越ししたときぐらいだよな~
ただ、おなかがすいたので2年参り帰りの友人とファミレスには行って夜食をいただく。
単純にラーメンとか、その辺だけだったんだけど、これがあまり良くないことに気付くのは寝ておきてからになる。

|

« 夜中にカラオケ | トップページ | 新年早々、おなかが痛い(>_<) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/13388643

この記事へのトラックバック一覧です: 非常に寂しい大晦日:

« 夜中にカラオケ | トップページ | 新年早々、おなかが痛い(>_<) »