« バンコクのメイド喫茶「アキバ」、1回目 | トップページ | メイドキャバクラに行ってみました »

2007.01.05

バンコクのメイド喫茶「アキバ」、2回目

朝、ラウンジへ行って朝食を食べる。
ラウンジでの朝食はシェラトン台北、ウェスティンソウルでも頂いたけど、はっきり言ってここが一番貧弱(T_T)
第一印象でラウンジ自体が広いから、これならと期待したんだが、ここのラウンジはイマイチですな~
種類はウェスティンソウルの半分くらい? なんといっても生野菜らしきものがなく、フルーツしかないなんてのは論外。
どうもサービスレベルがイマイチな気がしてならない。
さらに部屋だと高額なインタネットアクセス料金+速度激遅なので、朝食のときについでにノートPCを持って行ってメールをチェック。
すると、姉からメールが来ていたので、メールで返事をしつつ、その場で電話でフォローすることに…コレだけみると仕事してるみたいだなw
しかし、この環境があればこそ、強引に休みを取ったとしてもなんとかなるんだよね~
いい時代になったもんだw
一方、友人Tの方はラウンジに用意されているデスクトップPCの方へ向かった。
なんでも日本語の閲覧だけ出来る環境かと思ったら、しっかりと日本語が入力できるそうな。
惜しい…これで速度が速かったらいいのに。
それにしてもラウンジは広いのに、朝食が貧弱とか、ネット接続のPCは日本語が使えるのに超低速とか、このホテルのサービスはソフト面についてどうも抜けているような気がする。
その後、朝食時間も終了し、部屋に戻ったところでプールに行く準備をして、プールに向かった。
Img_2446Ca330326プールは結構広いし、変な形をしていない点で他のホテルよりもいいと思う。
夜中の3時まで起きていたこともあり、日焼け止めを思いっきり塗って、昼寝の体制を整える。
まあそれだけでは暇がつぶせないので、読み物として今朝配られた新聞+香港で買ったFrontier、それにARIAの解説本。
もう少しマンガがあれば幸せだったかもしれないが、今回特にコレといったものがなかったので仕方あるまい。
たっぷりとある時間を生かして新聞を読み、香港で買ったFrontierを眺め、そしてARIAの解説本を読む。
眠くなったところでプールサイドでウトウトと昼寝(-_-)zzz
Ca330327プールサイドで数時間過ごしたところで、例によってキンキンに冷えたビール。
この堕落した時間が、非常に幸せであり、また日本で仕事を頑張ろうと言う気にさせるのです(^^)v
最終的にはプールサイドに4時間ほどいて、部屋に戻ってシャワーを浴びた後、16時過ぎにホテル出発。
今日の外出の目的その1、アキバの2回目です。
昨日はMBKに行った後にアキバに行きましたが、今日はBTSサイアム駅から直接アキバへ。
今日のメインの目的はポイントカード作りだったわけですが、まず注文を取りに来たところで、飲み物+揚げ物を頼んで100バーツ以上のお会計になるようにします。
そしてメイドさんにさりげなく張り紙になっているポイントカードについて聞いてみると、グッズ屋の方を指差し、そこで聞いて来いみたいな感じ。
Ca330328Ca330329Ca330331これについて友人Tがそちらの方に行って果敢にチャレンジしてくると、そのポイントカードのシステムがようやく分かりました。
まず、グッズ屋の方でAkibaメンバーカードを作らないといけないらしく、これはグッズ屋の割引などに使えるカードで、入会金が150バーツ。
申込書にはタイ語の説明しかなかったそうですが、たまたま居た英語が出来るお姉さんが英語で何を書けばいいか説明してくれたそうです。
で、このメンバーカードを持っていると、メイド喫茶の方で100バーツを超える飲食をしたときに、初めてポイントカードを作ってくれるというシステムになっているらしい。
100バーツ以上の飲食で1つスタンプを捺印し、溜まっていくと一部のメニューがただになる模様。
うーん、タイ人向けにはこれでいいのかもしれないが、オタな人向けにはやっぱり写真サービスの方がいいんじゃないですかね?
ちなみに自分はAkibaメンバーズカードは作らなかったです。
だってどうせ行くときは友人Tと一緒なのが目に見えてるし、会計を分散したら100バーツ分飲食するのが大変。
友人Tといろいろと計算してましたが、軽食+飲み物だけでは100バーツに到達しないようになってるんですよね~
というわけで画像は友人Tが作ってきたメンバーズカードとポイントカードです。

アキバで今日の目的を果たしたところで、次はMBKの中にあるバンコク東急で買い物。
自分はここで靴、ネクタイ。友人Tは下着等を購入。
なにやら日本で使いそうな日用品の買いだめは、いつもこの東急で購入することが多いわけだが、これには理由があって、バンコク東急でJALカードで決済すると5%OFFになるから。(セール品除く)
海外では珍しい、JALカードの割引。
ここのメンバーズカードも持っていて、それも5%OFFなんだけど、実はそれは今月で有効期限切れ。
でも切れたとしてもJALカードで買えば同じだから、更新なんかしなくていいのさw
さらに2人で5000バーツ以上購入して、税金が戻ってくる手続きをする。
ここまですると、日本で日用品を買うよりもまあまあ安かったりする。
でも買うのはなぜか、日本製リーガルの靴だったり、グンゼの下着だったりするのだがw
買い物で結構時間を取ってしまったので、今日はホテルでもタダ酒をあきらめ、普通に夕食を食べに行くことにする。
Img_2454何にするか迷ったが、1年半前に食べ以来食べていない北京ダックを退けて、前に来たときにも食べたイタ飯屋。
といっても経営が日本人なので、純粋なイタ飯とは違う…(^_^;)
ただ、日本人が経営しているので、日本人である自分らの口には非常に合って美味しいのだ。
今回初めてここの創作寿司を頼んだのだが、これが期待に反して非常に旨かった!
うーん、ここは3度目か4度目になるんだけど、外せないスポットになるつつあるかも。
2人でワインを飲んで1,900バーツ(6,300円前後)だったのだが、この創作寿司があまりに美味しかったので、チップに100バーツを置いてきてやった。
料理が旨くてチップ払うなんて、自分にしてはホント珍しいこと。
ホテルに帰ってからは友人Tと別行動になり、自分はラウンジでメールをチェックしつつ一休みした後に足ツボマッサージ(リフレクソロジー)。
どこって、また有馬温泉っすよw
友人Tはといえばどこに行ったのやら、夜の街へと消えた。(深く詮索はしない…)
帰ってきてからまたWiiを2人をやり、睡眠(-_-)zzz

|

« バンコクのメイド喫茶「アキバ」、1回目 | トップページ | メイドキャバクラに行ってみました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82737/13462540

この記事へのトラックバック一覧です: バンコクのメイド喫茶「アキバ」、2回目:

« バンコクのメイド喫茶「アキバ」、1回目 | トップページ | メイドキャバクラに行ってみました »